SEO bible “Google said”

 

アメリカのSEO対策研究機関で、SEOに影響するファクターが、260項目あるという研究が、発表されました。
Googleサイドでは、公式な表明を行っておりません。
それぞれのファクターについて、「確実」「おそらく」「うわさ」と評価されたものを、当方で、可視化するために数値で置き換えたものです。

主な210の要因として

A)ドメイン要因
A001 古いドメイン 1
A002 ドメインにキーワード使用 1
A003 ドメインの最初の文字にキーワード使用 1
A004 登録してから長時間経過したドメイン 1
A005 キーワードをサブドメインで使用 1
A006 ドメインの転売歴がある -1
A007 KWとドメインが一致している 1
A008 whoisを公開している 1
A009 whoisでスパマー認定 -5
A010 国別のトップドメインを使用 1
B)ページレベル要因
B011 タイトルタグ内にKW 1
B012 タイトルタグ前方にKW 1
B013 DescriptionにKW 1
B014 h1にKWを使用 1
B015 コンテンツにKWを使用 1
B016 コンテンツの量 5
B017 KWの使用頻度 2
B018 文章内にKWに関連する記述 1
B019 タイトルにKWに関連する文字(LSI) 1
B020 METAタグ内にKW(LSI) 1
B021 ページ内でトピックをカバーしている 1
B022 HTMLの表示速度 5
B023 Chromeでの表示速度 1
B024 AMP 5
B025 エンティティーの一致性 1
B026 自然な言語性 1
B027 重複コンテンツ -3
B028 Rel = Canonical 1
B029 画像の最適化(alt) 1
B030 コンテンツの最新性 5
B031
B032
B033
B034
B035
B036
B037
C)サイトレベル要因
C001
C002
C003
C004
C005
C006
D)バックリンク要因
E)ユーザーインタラクション要因
F)アルゴリズム要因
G)ブランド要因
H)サイト内スパム要因
I)外部スパム要因